ミソガワソウ

ミソガワソウ (シソ科イヌハッカ属)【味噌川草】
(学名:Nepeta subsessilis

シソ科のこの手の花としてはわりあい大ぶりの花です。

ちょっと「ラショウモンカズラ」に似た雰囲気があります。

日本固有種で、亜高山帯の草地や深山の渓流沿いなどに群生ということで、まさに、仙丈岳・藪沢沿いの礫地に群生していました。

東北4県や岐阜県などで絶滅危惧種

2015年8月 仙丈岳(標高約2600m)

2015年8月 仙丈岳(標高約2600m)

2015年8月 仙丈岳(標高約2600m)

2015年8月 仙丈岳(標高約2600m)

2015年8月 仙丈岳(標高約2600m)

2015年8月 仙丈岳(標高約2600m)

2018/08 北八ヶ岳オーレン小屋付近

2018/08 北八ヶ岳オーレン小屋付近