オオシマザクラ

オオシマザクラ (バラ科サクラ属)【大島桜】
Prunus speciosa

オオシマザクラ

2008/04/11 奈良県吉野山

伊豆大島をはじめ、伊豆半島、房総南部などに自生する、日本の野生サクラ固有種のひとつで、大型の一重の白い花を咲かせ、花期には緑の葉も同時に出ます。

萼片はスリムで大型で鋸歯があり、萼筒や花柄は無毛、苞葉は大きく長い鋸歯があります。

葉の鋸歯は先端が細長く伸びます。

「桜餅」を包む塩漬けの葉は、本種が多く使われるそうで、伊豆半島での生産が大半のシェアをもっているそうです。


この花は、吉野の桜山の遊歩道のものですので、自然の分布域的には「カスミザクラ」の領域であり、園芸品種であればオオシマザクラベースの「駒繋」が近いようですが、どちらも花柄や萼筒が有毛なので、オオシマザクラの植栽ではないかと思われます。

オオシマザクラ

2008/04/11 奈良県吉野山