ハナオチバタケ

ハナオチバタケ (ホウライタケ科)【花落葉茸】
(学名:Marasmius pulcherripes)

2019/07/17 神代植物公園

広葉樹林の落ち葉の中に生えるキノコで、小型で黒いハリガネのような軸が印象的です。

白っぽいものから紫紅色のものまで色は幅広くあり、出始めの傘は山型で次第に平らに開くようです。

湿った落ち葉の積もる腐葉の中に、数本から数十本群生していることが多いようです。

どうも、これが生えているところに「マヤラン」がよく咲いている気がするのですが、菌の組み合わせとして関係あるのでしょうか?