オオヒナノウスツボ

オオヒナノウスツボ (ゴマノハグサ科ゴマノハグサ属)【大雛の臼壷】
Scrophularia kakudensis

オオヒナノウスツボ

2019/08/18 白金自然教育園

名前の通り「ヒナノウスツボ」の大きいやつで、一般的な解説では高さ1mになるとありますが、これは背丈以上ぐらいありました(180cm?)。

茎の先端にまとまった花序があり、花がまばらに開花しています。

どうやら多くの花が時間差をもって次々と咲く感じでしょうか。

草姿はひ弱な印象の「ヒナノウスツボ」とまったく違った壮健な草ですが、花そのものは、「ヒナノウスツボ」とほぼ同様の感じです。

花茎にびっしりと腺毛が生えているのが印象的です。

日当たりの良い草地や林縁に生育し、北海道南部以南の全国に分布します。

近畿や四国などの各地で絶滅危惧指定

オオヒナノウスツボ

2019/08/18 白金自然教育園

オオヒナノウスツボ

2019/08/18 白金自然教育園

オオヒナノウスツボ

2019/08/18 白金自然教育園

オオヒナノウスツボ

2019/08/18 白金自然教育園