ヒルザキツキミソウ

ヒルザキツキミソウ (アカバナ科マツヨイグサ属)【昼咲月見草】
Oenothera speciosa

ヒルザキツキミソウ

2019/05 清瀬市

近年あちこちでよく見る、ピンクの可愛い花。

微妙なグラデーションの薄い花弁が光を通し、自ら発光しているような風情で草むらに浮かび上がります。

北米から移入された園芸植物ですが、野生化して帰化植物となっています。

「マツヨイグサ」や「アカバナユウゲショウ」と同属で、マツヨイグサが夜咲くのに対し昼間に咲く一日花です。

長い雌しべの先が4裂して十文字になるのが特徴的です。

ヒルザキツキミソウ

2019/05 清瀬市

ヒルザキツキミソウ

2019/05 清瀬市