オオツクバネウツギ

オオツクバネウツギ (スイカズラ科ツクバネウツギ属)【大衝羽根空木】
Abelia tetrasepala

オオツクバネウツギ

2019/04 神代植物公園

ツクバネウツギ」と同属でよく似ていますが、花が大型で、「ツクバネ」の由来となる5枚の萼片が一枚だけ小さいのが特徴です。

花色には変化があり、白からうす赤色、うす黄色などで、花の内側にオレンジ色の網目模様があります。

福島以西から北九州にかけて太平洋側の山地に分布します。

ツクバネウツギより花期が早く咲きます。

福岡県、山口県、千葉県で絶滅危惧1類

オオツクバネウツギ

2019/04 神代植物公園

オオツクバネウツギ

2019/04 神代植物公園

オオツクバネウツギ

2019/04 神代植物公園

オオツクバネウツギ

2019/04 神代植物公園

オオツクバネウツギ

2019/04 神代植物公園