ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤク (ボタン科ボタン属)
Paeonia japonica

2019/05 東京都(自生)

野生自生のヤマシャクヤクの、最高の状態の花を見ることができました。

やや薄暗い杉林の林下にしっかりと枝を張って、乏しいであろう光を受け止めています。

こんな豪華絢爛な花が、山中の林の中に人知れず咲いているなんて奇跡的です。

およそ混じりっ気の無い純白の花弁に、太い雌しべとオレンジ色の葯の対比が映えます。

「立てば芍薬」と言われるほどの、このような美人さんでは、盗掘にあう可能性もかなり高いと思われます。

環境省カテゴリ:準絶滅危惧(NT)
東京都では絶滅危惧IA類とされています。

日本在来種のボタン科の花は、これと「ベニバナヤマシャクヤク」の2種のみです。

「ベニバナヤマシャクヤク」は赤花ですが、単に色違いや品種ではなく別種になるようです。

ヤマシャクヤク

2019/05 東京都(自生)

ヤマシャクヤク

2019/05 東京都(自生)

ヤマシャクヤク

2019/05 東京都(自生)

ヤマシャクヤク

2019/05 東京都(自生)

2019/05 東京都(自生)

ヤマシャクヤク

2019/05 東京都(自生)


2019/06/05 入笠山(植栽)

2019/06/05 入笠山(植栽)

2019/06/05 入笠山(植栽)

2019/06/05 入笠山(植栽)


「ヤマシャクヤク」の果実。
花の可憐さと比べるとちょっと奇っ怪な感じもしますね。

これが完熟すると、クサギとかゴンズイのような赤黒に弾けた状態となります。

そして、真っ黒い硬い種をあちこちに落とします。

ヤマシャクヤクの実

ヤマシャクヤクの実  2018年5月 神代植物公園

ヤマシャクヤクの実

ヤマシャクヤクの実  2018年5月 神代植物公園

花が終わると、特徴的な1-4本の雌しべが太り実になってゆきます。

ヤマシャクヤクの実

2018年4月 神代植物公園

2018年4月 神代植物公園

種のはじけた実  2019/07 神代植物公園