フイリヒナスミレ

フイリヒナスミレ (スミレ科スミレ属)【斑入雛菫】
(Viola tokubuchiana var. takedana f. variegata)

フイリヒナスミレ

2019/04 朝霧高原

ヒナスミレ」の中でも、葉にはっきりと斑が入ったものを品種として名付けられています。

スミレの場合、「斑入り」とは、葉にランダムにマダラが入るのではなく、葉脈に沿って整然と幾何学模様になるものです。

通常のヒナスミレも葉には薄く文様の入ったものも多く、どこで「斑入り」と分別するかは主観的なものになり微妙なものも多いです。

ヒナスミレには変わらないのですが、はっきりと出現しているものは、まるで別種のように華々しく見えます。

2019/04 朝霧高原

フイリヒナスミレ 芦ヶ久保日向山

2016/04 芦ヶ久保日向山

フイリヒナスミレ 芦ヶ久保日向山

2016/04 芦ヶ久保日向山

2019/04 朝霧高原

2019/04 朝霧高原

斑は葉脈に沿って整然と入ります 2019/04 朝霧高原

葉裏は通常タイプと同様紫褐色を帯びています 2019/04 朝霧高原