ヒュウガミズキ

ヒュウガミズキ (マンサク科トサミズキ属)【日向水木】
(Corylopsis pauciflora)

ヒュウガミズキ

2019/03 片倉城跡公園

「トサミズキ」に似て春の葉が出る前の時期に多くの花をつけます。

トサミズキよりも花序の花数が少なく2-3個だけがかたまって咲き、長く吊り下がる形になりません。

樹形も小さく、せいぜい2mぐらいまでで、別名「ヒメミズキ」とも呼ばれます。

日向の国(宮崎県)が原産ではなく、自生原産地は石川県から兵庫県にかけての日本海側とたいへん狭い範囲となります。

ヒュウガミズキ

2019/03 片倉城跡公園

ヒュウガミズキ

2019/03 片倉城跡公園