イロハモミジ

イロハモミジ (ムクロジ科カエデ属)【いろは紅葉】
Acer palmatum) 別名:タカオモミジ、イロハカエデ

イロハモミジ

2005/12 平林寺

モミジといえばこれ。というぐらい日本のカエデ類の代表にして秋の紅葉の主役ともいえる種類です。

庭園や公園にも欠かせない樹木なので園芸種も多いようです。

小型で薄地の7裂葉は、かなり込み入って茂り、他のモミジよりごちゃごちゃした感じに茂ります。

本来の分布は太平洋側南東北以南から関西で平地から1000m程度までの低山となります。

翼果は水平に近い鈍角に開きます。

イロハモミジ

2018/09 小石川植物園

イロハモミジ

2018/09 小石川植物園

イロハモミジ

2007/12 平林寺

イロハモミジ

2007/12 平林寺

2014/11 昭和記念公園