ミヤマシグレ

ミヤマシグレ (レンプクソウ科ガマズミ属)(旧スイカズラ科)【深山時雨】
(Viburnum urceolatum f. procumbens)

ミヤマシグレ

2016/07 天神平

谷川岳の天神峠付近で見つけた、咲きかけのアジサイの仲間。

と、思って調べてみても、こんな真っ赤なアジサイは無い。

実はガマズミの仲間の「ミヤマシグレ」でした。

「深山時雨」、何と風流ないい名前でしょう。

しかし、語源はガマズミのことを指す「シブレ」という語が訛ったとのことです。

独特の対生の葉序の中心に、とても細かい真っ赤な蕾の花序がつき、蕾が割れて白い花がほとんど開かずに咲き、雄しべが外に突き出します。

母種の「ヤマシグレ」は主に近畿以西の関西分布のようですが、「ミヤマシグレ」はその寒冷地積雪地品種で茎の下部が匍匐して背が低く、主に関東や中部の山岳に分布するものです。

ミヤマシグレ

2016/07 天神平

ミヤマシグレ

2016/07 天神平