ハウチワカエデ 

ハウチワカエデ (ムクロジ科カエデ属)【羽団扇楓】
Acer japonicum) 別名:メイゲツカエデ

ハウチワカエデ

2018/06 蓼科山

天狗の羽扇のような葉の形から命名されたカエデです。

山地から亜高山にかけて、本州以北北海道まで分布。

日本のモミジの中でも最大級に大きな葉なので紅葉がたいへん目立つ種類です。

葉が2枚ペアの対生につき、葉柄が赤くなることが多いようです。

ハウチワカエデ

2018/06 蓼科山

ハウチワカエデ

2018/06 蓼科山

ハウチワカエデ

2018年4月 神代植物公園

ハウチワカエデ

2018年4月 神代植物公園