テングノコヅチ

テングノコヅチ (リンドウ科)【天狗の小槌】
(学名 Tripterospermum japonicum var. involubile )

ツルリンドウ」とそっくりな変種で、近年ツルリンドウと分けられた種類です。
ツルリンドウとの違いは、他の草木に巻き付かず単独で這性することと、花が茎の先端だけにつくことです。

関東北部以北の山に分布しているようです。

谷川岳・天神尾根の笹斜面に埋もれるように一輪だけ咲き残っていました。
途中で何度か見た赤黒い実がこれの果実だったのだと後から判りました。

準絶滅危惧となっているようですが、どうも最近まで「ツルリンドウ」と区別されていなかったため意外と広範囲に分布しているのではないかともいわれています。

2015/09 谷川岳

2015/09 谷川岳