カノツメソウ

カノツメソウ (セリ科カノツメソウ属)【鹿の爪草】
(学名:Spuriopimpinella calycina) 別名:ダケゼリ

2018/10 高座山

初秋の低山の林下に、ひっそりとした感じで咲くセリ科らしい花序の花。

多くのセリ科同様、複散形花序の細かい白い5弁花で、花弁が内側に折れ曲がります。

よく似たものに「ヤマゼリ」がありますが、カノツメソウの方が全体に弱々しい感じのようです。