ヒナノキンチャク

ヒナノキンチャク (ヒメハギ科ヒメハギ属)【雛の巾着】
(Polygala tatarinowii)

2018/10 山梨県

本州、四国、九州に広く分布するものの、各地で希少種となっている小さな草です。

変わり者の多いヒメハギ科らしく、他に似たもののない変わった構造の丸い可愛い花が咲くので盗掘にも会いやすいようです。

花が終わった後には、名前の由来ともなった平たく丸い黄緑の果実が並んでつき、これも可愛い造作になっています。

丸っこい葉には鋸歯は無く、かわりに棘状の毛が並んで生えています。

日当たりのよい草地に生育するとされていますが、土砂の撹乱したところや石灰岩の岩場混じりのところなどに多いようです。

環境省カテゴリ:絶滅危惧ⅠB類(EN)
東京都区部、栃木県、群馬県などでは絶滅とされています。

2018/10 山梨県

2018/10 山梨県

2018/10 山梨県

2018/10 山梨県

2018/10 山梨県

2018/10 山梨県