イタドリ

イタドリ (タデ科ソバカズラ属)【痛取】
(Fallopia japonica) スカンポ

2018/09 小石川植物園

大型のタデ科雑草の代表のようなもので、全国の山野に自生します。

山菜として食用にもされますが、シュウ酸を含むのでアク抜きを充分せずに大量に食べると毒です。

雌雄異株で、東アジア原産の植物ですが、ヨーロッパなどでも繁殖し、世界の侵略的外来種ワースト100に入っています。

秋のあまり花の無い季節に大量の花をつけるので、昆虫の蜜源としては貴重な存在です。

花の色が特に赤い種類は「メイゲツソウ」として変種とされています。

2018/09 小石川植物園

2018/09 小石川植物園