コボタンヅル

コボタンヅル (キンポウゲ科センニンソウ属)【小牡丹蔓】
Clematis apiifolia var. biternata

2018/09 小石川植物園

ボタンヅル」の変種で、葉が2回3出複葉であることが異なります。
(ボタンヅルは1回3出複葉)

センニンソウ」とよく似ていますが、センニンソウの葉は鋸歯が無く全縁です。
また、センニンソウは蕊が萼片より短いですが、ボタンヅル、コボタンヅルではほぼ同じ長さです。

本州の関東地方~中部地方に分布する変種で、普通のボタンヅルと混ざっていることも多く、中間的なものもあるようです。

2018/09 小石川植物園

葉が2回3出複葉  2018/09 小石川植物園