オクモミジハグマ

オクモミジハグマ (キク科モミジハグマ属)【奥紅葉白熊】
(学名:Ainsliaea acerifolia var. subapoda

関西中心の「モミジハグマ」の変種で、山地の樹林下に生えますがモミジのような葉はモミジハグマよりも切れ込みが浅くなります。

関西よりも本州中部や東北が分布の中心となるので「奥」の名が付けられたようです。

花は他のモミジハグマ属同様、3個セットの花で長くねじれた花弁をもちます。

2015/08 北沢峠

2015/08 北沢峠

2018/08/15 三頭山

2018/08 三頭山