ミヤマキンポウゲ

ミヤマキンポウゲ(キンポウゲ科)
(深山金鳳花、学名:Ranunculus acris var. nipponicus)

雪渓や湿原、沢のわきなどに多い高山植物。
丸みと光沢のある花と細い葉が特徴です。

普通の「キンポウゲ(ウマノアシガタ)」と比べると、葉が細めになっています。
また、花弁どうしが重なりぎみになっています。

2017/07 大雪山

2017/07 大雪山

2015/7 至仏山

2015/7 至仏山

2018/07/19 木曽駒ケ岳千畳敷カール

2018/07/19 木曽駒ケ岳千畳敷カール