テバコモミジガサ

テバコモミジガサ (キク科コウモリソウ属)【手箱紅葉傘】
Parasenecio tebakoensis

2018/08 三頭山

モミジガサ」とほぼ同じですが、サイズが明らかに小さく、おおむね背が50cm以下で葉が子供の掌ぐらいの大きさです。

大きさ以外に明らかに違う点は、葉の葉脈が樹状に別かれず亀甲型(網目状)に走る点です。

最近まで、みな同じ「モミジガサ」と思っていましたが、よく行く奥多摩の山でも両者が入り混じっていることが判りました。

分布は本州(関東)~九州の太平洋側となっています。

「テバコ」の名は、最初の発見地である高知県手箱山の名がつけられています。

2016/08 御岳山

2016/08 御岳山

2015/08 御岳山

2015/08 御岳山

2018/08 三頭山

2018/08 三頭山

2018/08 三頭山

裏返してみると葉脈が凸型に浮き出る  2018/08 三頭山