ヤツシロソウ

ヤツシロソウ (キキョウ科ホタルブクロ属)【八代草】
Campanula glomerata subsp. speciosa

2018/07 駒ヶ根市野草園

日本では阿蘇周辺の山野にだけ稀産する花で、熊本県八代で最初に発見されたのでこの名前がつけられています。

キキョウに似た花が茎の頂上にかたまって咲き、葉腋にも上向きに咲きます。

属名の「カンパニュラ」のとおり、園芸植物のカンパニュラ類と同属です。

別名「リンドウザキカンパニュラ」とも称しますが、正確には園芸種の「リンドウザキカンパニュラ」は Campanula glomerataで、ヤツシロソウはその亜種または変種となります。

ヤツシロソウは朝鮮半島から中国にかけて分布し、Campanula glomerataはヨーロッパからシベリアにかけて広く分布します。

環境省カテゴリ:絶滅危惧ⅠB類(EN)

2018/07 駒ヶ根市野草園

2018/07 駒ヶ根市野草園