オオバタケシマラン

オオバタケシマラン (ユリ科タケシマラン属)【大葉竹縞蘭】
Streptopus amplexifolius var. papillatus

2018/07/19 木曽駒ケ岳千畳敷カール

タケシマランは「蘭」ではなく、「ナルコユリ」や「アマドコロ」などに近いユリ科の植物。

オオバタケシマランは普通の「タケシマラン」よりも高山性で、草丈が大きくなります。

葉腋から一個づつ吊り下がった形で白い花が咲きますが、この花柄が直角に折れ曲がるのが特徴的です。

また、互生する葉の付け根が茎を抱くのも特徴です。

吊り下がった花は夏の終わりに赤い実になります。

2018/07/19 木曽駒ケ岳千畳敷カール

2018/07/19 木曽駒ケ岳千畳敷カール

花柄の途中に関節があって直角に折れ曲がる   2018/07/19 木曽駒ケ岳千畳敷カール