ヒメウスユキソウ

ヒメウスユキソウ (キク科ウスユキソウ属)【姫薄雪草】
(学名:Leontopodium shinanense) 別名:コマウスユキソウ

2018/07/19 木曽駒ケ岳

いわゆる日本のエーデルワイス類の中で最も小型の種類です。

高さ5-10cm程度しかなく、中央アルプスの森林限界を超えた高山帯の花崗岩の岩場や岩礫地だけに生育します。

同属の「ミヤマウスユキソウ」や「ホソバヒナウスユキソウ」などと比べても明らかに小さく、苞葉の綿毛が純白ではなくやや緑がかった明るいグレーのような色です。

中央アルプスの中でも、将棊頭山から仙涯嶺までの間にしか分布しないようです。

環境省カテゴリ:準絶滅危惧(NT)

2018/07/19 木曽駒ケ岳

2018/07/19 木曽駒ケ岳

2018/07/19 木曽駒ケ岳

2018/07/19 木曽駒ケ岳

2018/07/19 木曽駒ケ岳

2018/07/19 木曽駒ケ岳

2018/07/19 木曽駒ケ岳

2018/07/19 木曽駒ケ岳