コクサギ

コクサギ (ミカン科コクサギ属)【小臭木】
(Orixa japonica)

低山の湿った林内などに生える低木で、雌雄異株ということです。

小枝につく葉が、2枚づつの互生となっており、「コクサギ型葉序」と名付けられています。

「サルスベリ」などが同じコクサギ葉序となっています。

クサギ」と同様の臭いがあることがら、「小クサギ」という名になっていますが、クサギはシソ科で全く類縁はありません。

3-4個1セットの実をつけ、熟すと弾けて種を飛ばします。

2018/06 白金自然教育園

2018/06 白金自然教育園

2018/06 白金自然教育園

花後の実  2018/06 白金自然教育園

2018/06 白金自然教育園

コクサギ型葉序模式図