ツルカノコソウ

ツルカノコソウ (APG:スイカズラ科カノコソウ属)(オミナエシ科)【蔓鹿の子草】
(学名:Valeriana flaccidissima)

2018/05 高尾山

とても小さな白い花をつけ、小さいながらも暗い沢筋では意外と目立つ花序の花です。

旧オミナエシ科ということで女郎花にも似た花序で、咲き始めは花序がかたまっていますが、花が咲いてから花柄が伸び、花が終わる頃にはかなりまばらな感じになります。

また、対生の葉の形が独特です。

根本から走出枝を出して繁殖するので「ツル」と呼ばれますが蔓植物ではありません。

花としては別に注目するほどの花でもないのですが、多くの地域で絶滅危惧種指定となっています。

東京都区部では野生絶滅。

2018/05 高尾山

2018/05 高尾山