トウゴクミツバツツジ

トウゴクミツバツツジ (ツツジ科ツツジ属)【東国三葉躑躅】
(Rhododendron Wadanum)

2008/05 奥日光

2008/05 奥日光

ミツバツツジの仲間は各地に意外といろいろあるようですが、関東の高めの山地代表がこの東国ミツバツツジです。

北関東以北では、「トウゴクミツバツツジ」の範囲となり、奥多摩以西では「トウゴク」と「ミツバツツジ」が重なる分布域となるので、高度で住み分けるイメージとなるようです。

普通の「ミツバツツジ」が5本の雄しべをもつのに対し、こちらは10本の雄しべとなります。
ただし、雄しべは長短混ざっていて長さが揃っていないので、よく見ないと本数が判りにくいです。
また、雌しべの下半分に毛が生えるのも特徴となります。

東北中部以南~近畿地方にかけての太平洋側山地に分布し、おおむね標高1000m以上のところに多く生育します。

ミツバツツジと違い花と葉がほぼ同時に出ます。
また、生育地の高度のせいもあるのかもしれませんが、花期がミツバツツジよりも少し遅めとなります。

2008/05 奥日光

2008/05 奥日光

2015年5月 雁ケ腹摺山

2015年5月 雁ケ腹摺山

不揃いな雄しべが10本  2018/04 三頭山

2018/04 三頭山

10本の雄しべは不揃いで雌しべの下半分には白い毛が多く見られます。

2018/04 三頭山

2018/06 白金自然教育園