ヨゴレネコノメ

ヨゴレネコノメ (ユキノシタ科ネコノメソウ属)【汚れ猫の目】
(Chrysosplenium macrostemon var. atrandrum)

ヨゴレネコノメ

2019/03 高尾山

残念な名前の植物はいろいろありますが、山野草好きの人の中でかなり有名なのがコレ。

残念な、と言いながらかなりファンが多いのもこの花の特徴ですね。

高尾山の定番ということもあって、この仲間の中では有名な定番植物となっています。

しかし、この花は同類の「イワボタン」の変種で、同類の変種に「ニッコウネコノメ」があり、この3つを確実に見分けるのはなかなか至難です。

典型例のような茶色い葉っぱはみんな「ヨゴレネコノメ」かといえば、そんなことはなく、葉や植物体の色は変化がとても多く当てになりません。

むしろ姿はある程度無視して、萼片の色と開き方、雄しべの葯の色で見分けるしかないような感じです。

「イワボタン」と「ヨゴレ」の見分け方は多くの資料やサイトがありますが、どうも「ニッコウネコノメ」の存在が忘れられている場合が多いようで、「ヨゴレ」と「ニッコウ」が混同されているきらいが多いような感じなのです。

この2種の見分けがとくに難物なようなので、葉の色に惑わされずに花をよく観察すなければなりません。

しかし、花のない時期には何をもって見分けるのかといえば、全く判りません。

専門家による決定的な解説がほしいところです。

ヨゴレネコノメ

2019/03 高尾山

ヨゴレネコノメ

2019/03 高尾山

2018/04 三頭山

2018/04 三頭山

2018/04 三頭山