サクラタチツボスミレ

サクラタチツボスミレ (スミレ科スミレ属)【桜立坪菫】
(Viola grypoceras f. rosipetala)

2018/04 狭山丘陵

タチツボスミレは、何しろ個体数が多いので、その分個体変異の幅も広く、交雑種も多くいろいろなバリエーションがあります。

花の色に関するバリエーションとしては多くの花に有る白花のほか、有名なのに「オトメスミレ」があります。

普通、タチツボは淡い青紫系が一番メジャーですが、色の濃さはいろいろでかなり濃い場合もあります。

その場合も通常、青紫系の濃さ違いが多いのですが、色合い自体が赤紫系もたまにあり、薄い赤紫、すなわちピンク系のものがサクラタチツボスミレと呼ばれています。

狭山丘陵でスミレウォッチングして歩いていたとき、逆光の光を浴びて今まで見たことのない色合いのスミレを発見。

これはサクラタチツボスミレといっていい色合いではないかと思いました。

しかし、品種として学名をつけるほどの違いなのかは疑問に思います。

色合いの違いがきわめて連続的だからです。

2018/04 狭山丘陵