ミスミソウ

ミスミソウ (キンポウゲ科ミスミソウ属)【三角草】
(Hepatica nobilis var. japonica) 俗称:ユキワリソウ

2018/03 野川公園(植栽)

早春に葉が開くよりも早く開花し、積雪地では雪解けと同時ごろに花が咲くので雪割草と呼ばれます。

しかし、一般に「雪割草」の名で称されることも多い花ですが、サクラソウ科の「ユキワリソウ」とは全く別で、キンポウゲ科の「雪割草」は正式和名は「ミスミソウ」「スハマソウ」「オオミスミソウ」などのことです。

江戸時代から園芸品として親しまれてきたので、改良品種も数多くあります。

自生のものは、太平洋側のものはほとんどが白花系と言われますが、日本海側のものではたいへん多くの花色の変異があります。

葉が独特の三角形なので「三角草」の名となっており、同属の丸い葉のものは「スハマソウ」として別品種とされていますが、変異は連続的で分けない意見もあるようです。

2018/03 野川公園(植栽)

2018/03 野川公園(植栽)

ミスミソウ

2019/02 野川公園(植栽)

ミスミソウ

2019/02 野川公園(植栽)

ミスミソウ

2019/02 野川公園(植栽)