ハコネシダ

ハコネシダ (シダ植物ホウライシダ科)【箱根羊歯】
(Adiantum monochlamys)

2018/09 小石川植物園

本州から九州にかけての山地の岩場に生えるシダで、属名のとおり、園芸種の「アジアンタム」の仲間です。

クジャクシダ」などと同属ですが、独特の小葉がばらばらにつくのが特徴的です。

ホウライシダ」とよく似ていますが、ソーラスの付き方が違い、こちらは小葉1枚に1つづつ丸い胞子嚢がつきます。

また、小葉の縁が切れ込まず鋸歯状になっています。

この仲間の多くは茎が細くて黒くて針金のようです。

日本海側の多くの県では、絶滅危惧種指定されています。

2017/03 小石川植物園

2017/03 小石川植物園

2018/09 小石川植物園

ソーラス 2018/09 小石川植物園