ハヤトミツバツツジ

ハヤトミツバツツジ (ツツジ科ツツジ属)
(学名:Rhododendron dilatatum var. satsumense)

2017/03 小石川植物園

「ハヤト」の名のとおり、薩摩地方(鹿児島)固有の変種です。

霧島連山などの岩場に自生する種類で、雄しべは10本で、ミツバツツジ類の中でも早い時期に開花します。

鹿児島県の希少野生動植物に指定されており、自然自生株の採取は禁止されています。

ミツバツツジ」には、意外と地域固有変種が多いようで、これもそのひとつですが、雄しべの数以外、何がどう違うのかよく判りません。

ここの株が植裁のためかもしれませんが、普通のミツバツツジよりも花序が大ぶりで密に咲いている感じがします。

環境省カテゴリ:絶滅危惧ⅠA類(CR)

2017/03 小石川植物園

2017/03 小石川植物園