橘洞

橘洞(20-30m?)

白蓮洞の洞口へ行く手前10mほどのところの左手に、斜めに横長の小さな洞口が開いている。
そのすぐ手前にも冷気を噴き出す小さな風穴が開いている。

過去の関西大学探検部の記録によると、内部は45度くらいの角度で7m下り小テラスとなってから、6mの竪穴で終わっている。
また、反対方向に斜め上に洞窟は続き、10数m登ると台地上の別の洞口につながっている。
そちらの洞口を「リンドウ窟」と称している。

白蓮洞のすぐ手前の道わきに開口する

白蓮洞のすぐ手前の道わきに開口する


 <<< 前のページに戻る