呪術/ドン・ファンの教え

呪術/ドン・ファンの教え
カルロス・カスタネダ 真崎義博訳
二見書房  昭和47年(1972)

カウンター・カルチャー(対抗文化)を語るうえで欠かせない、エポックメイキングな本。
著者と内容の真偽の議論は尽きないが、現実の真偽はともかく、アメリカのそしてアメリカを師匠としつづけてきた日本の、精神構造に与えた影響は大きい。

大学時代に一般教養の先生の薦めで知ったのだが、自然科学以外のものの見方、世界の見え方はひとつではないことを思い知らされるシリーズである。
これはシリーズとなる第1作だが、著者自身これらがシリーズ化してゆく(体験が長く深くなる)ことにまだ気づいていないため、 今はまだ人類学研究の本でしかない側面をもっている。
そのため、物語的には一連のシリーズの中ではあまり面白くないともいえる。

「わしにとっては心のある道を旅することしかない、どんな道にせよ心のある道をだ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です