» ハンザ-ブランデンブルグの戦闘機一覧

Hansa-Brandenburg CC

Hansa-Brandenburg CC

ハンザ-ブランデンブルグ CC

1916年オーストロ・ハンガリー帝国
単発・単座戦闘機。
全長:7.65m、全幅:9.3m、全備重量:1356kg
エンジン:Benz Bz III 150HP、武装:7.9mm機関銃×1、
最高速度:175km/h

エルンスト・ハインケル設計の推進式エンジンの戦闘飛行艇。

実際の生産はフェニックス社製で、独特のスパイダー・ストラット(星型支柱)を採用している。
ドイツ軍でも使われているが、オーストリア海軍ではアドリア海でイタリア軍と戦った。

アニメ「紅の豚」にも出てくる。

Hansa-Brandenburg CC Austro-Hungarian Empire

Hansa-Brandenburg D1

Hansa-Brandenburg D1

ハンザ-ブランデンブルグ D1

1916年オーストロ・ハンガリー帝国
単発・単座戦闘機
全長:6.35m、全幅:8.51m、全備重量:917kg
エンジン:Austro-Daimler 160HP、
最高速度:187km/h、武装:8mm機銃×1

エルンスト・ハインケルによる設計の、オーストロ・ハンガリー帝国制式戦闘機。

最大の特徴は、「Vストラット・システム」という、V型を組み合わせたような独特の翼間支柱で、「スパイダー」とあだ名された。
翼間の張り線が無いのは良いが、かえって抵抗が大きそうな感じではある。

この方式はハインケルの得意わざだったらしく、ブランデンブルグ水上機にも使った支柱である。
ただし、どちらも後に普通のタイプに変更されているので、凝っていた割にはメリットは無かったのだろう。

Hansa-Brandenburg D.I Austro-Hungarian Empire

カテゴリー選択

カテゴリー