» アンリオの戦闘機一覧

Hanriot HD.3

Hanriot HD.3

1918年フランス
単発・複座戦闘機。
全長:6.95m、全幅:9.0m、全備重量:1180kg
エンジン:Salmson 9Za 260HP、武装:7.7mm機関銃×4、
最高速度:192km/h
アンリオHD3アンリオ HD.3

強力なサルムソン(カントン・ウネ)エンジンをコンパクトな機体に搭載した複座の重戦闘機。
ヴィッカースとルイスの2連装機銃を2基搭載している。

300機が発注されたが、終戦までに75機だけが完成された。
一部はツインフロート付きの水上機HD.4のプロトタイプとされる予定だった。

また、夜間戦闘機としてのバージョンもテストされていたようである。

Hanriot HD.3 FRANCE

Hanriot HD2

Hanriot HD2

アンリオ HD2

1917年フランス
単発・単座戦闘機(水上機)
全長:7.00m、全幅:8.51m、全備重量:700kg
エンジン:Clerget 9B 130HP、武装:7.7mm機関銃×2、
最高速度:182km/h

名機アンリオHD1をベースに造られた水上戦闘機。

戦艦パリの砲塔に造られたプラットフォームに装備された。
同調式のヴィッカース7.7mm機銃を2丁に強化している。

10機ほどがアメリカ海軍に購入され、再度陸上機に変えられたりしているが1機は戦艦ミシシッピーに試験配備された。

Hanriot HD2 France

Hanriot HD1

Hanriot HD1

アンリオ HD1

1916年フランス
単発・単座戦闘機。
全長:5.85m、全幅:8.7m、全備重量:605kg
エンジン:ル・ローヌ 120HP、武装:7.7mm機関銃×1
最高速度:184km/h

小型・軽快で運動性能・操縦性が高い機体で、大戦中期の主力機のひとつ。

ベルギーとイタリアにも多く供給され、とくにイタリアでは大戦中を通じてスタンダードな戦闘機として用いられた。
上翼にだけ上反角がついているのが特徴的。

Hanriot HD1 France

カテゴリー選択

カテゴリー