W.K.F. D1


1918年オーストロ・ハンガリアン帝国
単発・単座戦闘機。
全長:7.1m、全幅:8.8m、全備重量:1005kg
エンジン:Hiero 230HP、武装:8mm機関銃×2、
最高速度:195km/h

アルバトロスなどに似たボディの複葉機。
PTO軸を介してエンジンの回転と同期する機関銃や、無線装置を装備するなど、新たな技術を導入しているようだ。

大戦の終わりごろに20機前後が生産されたようだが、戦闘には参加していない。

W.K.F. DI Austro-Hungarian Empire

カテゴリー選択

カテゴリー